不動産関係の仕事に就く|宅建を独学で学ぶ方法を解説

不動産会社

独習で合格を目指す

近年その難易度が上がっている宅建の資格試験ですが、専門の予備校に通う際に必要な費用を安く抑えることができるのが独学のメリットです。また、各予備校が出版しているテキストや過去問題集を活用できるのも魅力の一つです。

本

理解力に繋がる教材

分厚いテキストではなく、手厚い副教材と参考書などを用いることで独学でも宅建の資格取得が目指せます。合格に的を絞るにも、概要を理解する力は必須で、ただ単に丸暗記しない勉強と時間の計画が最も重要視されています。

模型と女性

不動産資格を講座なしで

宅建は試験に合格して都道府県知事に資格証をもらうことで得られます。試験対策は予備校などを利用する方法と独学で準備する方法とがあります。予備校などは必要なものを用意してくれますが自分のペースでは進めずらいです。いっぽう独学はすべてを自分で準備しなくてはなりませんが必要最小限に済ませることができます。

自分に合った学習方法で

男性

継続する努力が大切

不動産関係の仕事をするなら宅建は是非とも取得しておくべき資格です。不動産の売買や仲介で、契約前の「重要事項の説明」ができるのは宅建の資格取得者のみだからです。宅建は国家資格で、その平均合格率は15〜17%です。取得するには専門の知識を得るために学校に通う、又は通信教育の受講が必要と思われがちですが、他の国家資格試験に比べ若干難易度が低く、独学による合格者が全体の半数以上も占めていた時もあったという実績もあります。しかし難易度が低いとはいえ100人試験を受けても15人前後しか合格できないという難関な試験であることは間違いありません。学校や通信教育はスペシャリストによる指導が受けられますが、独学の場合は自らが進んで学習するという覚悟が必要です。「正しいテキスト」を使用し「しっかりとした対策を立て」て「効率よく」学習する必要があります。独学は、継続して学習する強固な意志と信念が無いと挫折しやすいのです。その意欲があるのなら独学には大きなメリットがあります。通学の必要が無いので自分の時間が有効に使え、自分のペースで学習できます。更にテキスト以外の費用がかからないので経済的でもあります。また、生徒や通信教育受講生だけに限定しない、一般参加が可能な模擬試験を実施しているところもあります。現時点での自分の実力を把握するために利用してみるのも良いでしょう。自分に合った良いテキストと問題集を探したり、ネット等を活用して最新の法改正情報や試験傾向等を確認しながら、宅建合格に向けた学習を日々継続しましょう。