不動産関係の仕事に就く|宅建を独学で学ぶ方法を解説

独習で合格を目指す

不動産会社

テキストと過去問がカギ

宅建の資格試験は、宅地建物取引士と名称が変わり、「士業」として扱われるようになってから、その難易度が上がっている資格試験です。宅建の問題には民法や宅建業法、借地借家法、区分所有法、都市計画法や建築基準法など、さまざまな法律知識が必要なため、法律関係に不慣れな人の場合、独学で合格を勝ち取るためには、それなりの準備が必要です。専門の予備校に通うことができれば、講師がそのあたりの知識についてもわかりやすく教えてくれるのですが、何より問題なのは、その授業料です。ともすれば10万円以上の費用がかかるため、二の足を踏んでしまう方が多いのが実状と言えます。独学の最大のメリットは、資格取得の際の費用を安く抑えることができることに尽きますが、何より、独学によって理解した知識は、たんに宅建の試験対策のみならず、実際に宅建士として実務をこなすうえでも大きな力になります。そしてそのために必要なのは、適切なテキストと過去問題集を手に入れることです。さきほど、専門の予備校に通うのはお金がかかると言いましたが、予備校が独自に出版しているテキストや過去問題集があれば、ぜひとも購入すべきです。彼らは試験合格のためのノウハウに熟知しており、それらはテキストや過去問題集にも生かされています。さらに、テキストのなかには質問カード等、わからない部分を教えてくれるサービスがついていることもあるため、独学であってもそうしたノウハウを利用することができます。