不動産関係の仕事に就く|宅建を独学で学ぶ方法を解説

理解力に繋がる教材

本

テキストの選び方

宅建の資格取得を独学で目指すのであれば、250時間以上の学習が必要です。勉強の進捗を常に確認し、少しでも遅れた際にリカバリーが可能な時間を作る事も大切です。また、独学で勉強するにはテキストなどの教材の選定が合否に繋がるため、初めて勉強するならばマンガ形式のテキストが適しています。というのも、宅建では耳にした事がないような専門用語が多くあり、マンガ形式などで学ぶ方が頭に入ってきやすいと言われているのです。まずはこれらで基礎を理解し、それから次のステップに進みましょう。また、理解学習が大事で、理解できない内容はネットなどを活用して、調べながら理解を深めることも必要とし、参考書に限っては厚いものが多く、1冊にかける勉強時間も長くかかってしまいます。合格のカギとなるのは、参考書でもテキストでも1冊から2冊に的を絞ることで、完璧に理解するには実務をこなすことでしか図れず、宅建の概要さえ理解できれば十分とも言われています。概要が理解できれば、問題集を有り余る時間をかけて解き、確実に実力をつけることがポイントで、間違えた問題の復習に参考書を使う手もあり、理解度は高まります。持ち運びが可能なテキストだと更に良いでしょう。また、独学なら宅建業法や権利関係、法令上の制限などのカテゴリー別に分けられることで、常に知識を増やせます。また、宅建攻略のカギは過去問の焼き直しとも言われているので、徹底分析します。出やすいところに的を絞っているテキスト選びをすれば、独学でも短時間の学習で着実な得点力へ繋げられます。