不動産関係の仕事に就く|宅建を独学で学ぶ方法を解説

不動産資格を講座なしで

模型と女性

予備校を使わない選択肢

宅建とは宅地建物取引士の略称で、かつては宅地建物取引主任者といわれていました。土地や建物などの不動産を売買するときに必要な重要事項などの説明や契約書の記名押印時に宅建の資格を持った人がいなくてはならないため不動産業では不可欠の資格です。宅建の資格を持つためには試験に合格し、試験を受けた都道府県の知事から資格登録を受け、宅地建物取引士証を受け取らなくてはなりません。試験範囲は民法や宅建業法などの業務に必要とされる法律です。また宅建業者の人が登録講習を受けると試験問題が一部免除されます。試験合格のためには広範な法律を学習する必要があるため、予備校に通ったり通信講座を受講したりする方もいます。しかし過去に独学で合格した人も存在するため、それを見習って独学での受験準備をする人もいます。一方で予備校などが作ったカリキュラムに沿って学習すれば、試験に沿った学習になるため、独学の人にありがちな試験上あまり問われないところに集中するリスクは少なくなります。また法律の改正があったときに自ら情報を集めていなくても対応してくれる点が予備校を使う利点といえます。ただし、特に受験経験者にありがちですがカリキュラムどおりに沿ったものになるため苦手に特化した学習がしずらかったり十分正解が出せる分野まで重複学習を強いられるなどの非効率な部分が出たりします。いっぽう、独学は必要なものをすべて自分でそろえる必要があるためはじめる前が大変になりますが、カリキュラムに縛られないため必要な学習を必要なだけ行うことができます。さらに費用を最小限に抑えられるためはじめやすいことも独学での利点です。